無選択型の生命保険とは

持病があって生命保険に加入できない、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

生命保険というのは加入者が死亡した場合に保険金が支払われるというものなわけですが、
持病がある方というのは契約期間中に死亡する可能性というのも健康な方に比べて高くなるわけですから、
保険会社側からすれば保険金を支払う可能性も高まるということになります。
保険会社はできれば保険金を支払いたくないわけですから、持病が持っている方は加入を断るというわけです。

しかし、最近は持病がある方でも加入できる無選択型という生命保険も多くなっています。
持病があって通常の生命保険には加入できなかったという方でも、
無選択型の保険であれば加入することができるというわけですね。

しかしそうなると前述のように保険会社としてはリスクが高くなるわけですよね。
ですからそのリスクが高くなる分、加入する方が支払うことになる保険料というのも高くなるというわけです。

ですから、一見保険会社のリスクが高くなるように思われますが、実際は保険会社からすればかなりオイシイ商品となっているわけですね。
当然ではありますが、持病がなく健康な方であれば無選択型はただ保険料が高いだけですから、通常の保険を利用するのが良いでしょう。

350
350
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
350

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA